うるうるの瞳に騙されない!|イタチを早めに撃退すべき理由

ペットも被害に遭う

女性

イタチは雑食性の動物ではありますが、どちらかというと肉食の傾向が強いです。ネズミ対策として連れてこられたことからわかるように、小型の動物を捕まえて食べることもあるのです。そのため、小動物をペットとしているお宅では特に、イタチの撃退が必要になるでしょう。ウサギやハムスターといった小動物はもちろんですが、犬や猫などのイタチよりも大型の動物でもケガをする危険性があります。野生のイタチは凶暴性が強いものが多いので、自分より大きな動物でも襲い掛かってくることがあるのです。また、野生動物であるために、噛まれたり引っかかれたりすることで感染症をもらってしまうことも心配されます。さらに感染症ではありませんが、ノミやダニなどは移される可能性がとても高いものです。ノミやダニはあっという間に繁殖してしまい、ペットだけでなく人間にも被害が拡大します。アレルギー症状を引き起こす原因となるものですから、かゆみの原因がノミやダニであると判明した場合、すぐに駆除のための対策をとるとよいでしょう。同時に侵入してきたイタチも撃退しなければなりませんが、ペットが襲われるなどして凶暴性が認められている場合には、専門の業者に撃退を依頼することをおすすめします。イタチの撃退を専門としている業者であれば、安心して作業を任せることができます。さらに、撃退後に必要な巣の除去や消毒などの作業もまとめてやってもらうことができるので、負担も少なく済みます。被害が拡大していってしまう前に、早めに撃退しましょう。